1. ホーム
  2. amazonギフト券
  3. ≫amazonギフト券買取サイトの掲げる入金までの時間は信頼できるのか

amazonギフト券買取サイトの掲げる入金までの時間は信頼できるのか

時間の信頼
amazonギフト券買取サイトを選ぶポイントとして、安心感と現実的な換金率を挙げましたが、amazonギフト券買取を検討する方は、買取依頼の申し込みから実際に現金が入金されるまでの時間も気になることでしょう。

入金までの時間が早ければ早い方が誰しも嬉しいものですが、この点についても、サイトが掲げる入金までの最短時間を鵜呑みにするのは危険です。

amazonギフト券買取サイトはネット上に数多く見られるように、非常に競合が激しい業界です。

そのため、各サイトは、ライバル業者に負けじとあの手この手で集客を心がけています。

よそよりも高い換金率を掲げることもその一つですが、入金までの時間が短いことを売りにするサイトも多くあります。

なかには、「最短5分で振込」などと謳うサイトもありますが、何が5分なのかをしっかりチェックしておく必要があります。

最短5分や10分を掲げるamazonギフト券買取サイトに買取依頼をしても、実際に申し込みから入金までにかかる時間はそんな短時間では済まないものです。

少なくとも初回の依頼では、さまざまな手続きが伴うために、最短でも1時間、長いと数日かかるのが現実です。

ですので、amazonギフト券買取サイトを選ぶ時は、非現実的なスピードを売りにするところではなく、現実的な時間を掲げているサイトに絞りましょう。

振込み時間を確認するのは口コミなどの利用が有効

amazonギフト券の買取業者の実態は口コミや評判などで確認することが有効とされています。

もちろん、ステマ偽装行為だったり、嘘の記載を何度も投稿しているのも見たことがあります。

その中でも、「具体的な金額」「具体的な時間」「具体的な日にち」などが書いてある物は信頼性が高めです。

なぜ、そう思うかというとamazonギフト券買取の需要はすごく多いです。

多いというのは、少額でも利用出来る為、少ない金額でも換金しようとする人がいるため口コミや評価の分母が多いという事です。

クレジットカードの現金化では1万円や2万円で現金化する人は少なく10万円前後の顧客が多いと言われています。

ですからamazonギフト券の買取は気軽に利用している人が多いわけです。

近くの金券ショップにわざわざ出かけるよりも、amazonギフト券の番号をメールで伝えるだけで振込みしてもらえるんだったら絶対ネット方が楽だと思いますよ。

だから人気があるんです。

さて、振込み時間に関してですがいくつか店舗ではどうしようも無い状況がある事を理解してほしい。

まずは銀行間の送金作業の時間ロスです。

ネット銀行の同じ銀行同士ならリアルタイムで送金されるんですが、他の銀行への送金となると非常に時間が掛かってしまう事もあります。

さらに、初回の場合は本人確認が必要になる為、本人の確認作業に時間が掛かる場合があります。

メールでのやり取りで時間が掛かってしまったり、受け取った本人確認書類に不備があったり、見えづらいとか色々な要因でロスが生まれることがあります。

最後は月初や月末の混雑している時です。

amazonギフト券の買取って1日どのくらい依頼がくると思いますか。

もちろんキャンセルの対応や質問してくるメールや電話にも対応しなければなりません。

何故ならば、先ほどの口コミや評判で「駄目な店舗」なんて記載されてしまう事もあるわけですから対応はしっかりしてます。

多い時はスタッフだけではさばけないくらい申込みがくるようです。

数百件とか・・・。

そんなの無理ですよね。

ですから繁忙期といわれる月初と月末は申込みから入金までに時間が掛かってしまう事が多々あるようです。

これは店舗側の怠慢ではなく本当に業務がまわってないからです。

ですから、不安になったときはどのくらいで振込みがされるのか確認した方がいいかもしれません。

カードブランドによってはクレジットカード現金化ができないこともある

カードブランド
本人名義のクレジットカードがあり、ショッピング枠に空きがあれば、誰でもクレジットカード現金化ができるとよく言われます。

ただし、クレジットカード現金化業者のなかには、カードブランドによって受付を断るところもあるので注意が必要です。

ふだんの利用ではクレジットカードのブランドを気にすることは少ないですが、いざという時に利用できないと困るので、お持ちのクレジットカードで現金化が可能なのか事前に調べておきましょう。

カードブランドによって対応していないクレジットカード現金化業者があるといっても、ほとんどのカードは国内ブランドでも国際ブランドでも現金化する方法は存在します。

ただ、ハイクラスのカードブランドになるほど、カード会社の現金化に対する監視の目も厳しくなるのは確かです。

ちょっと不審な使い方をするだけで簡単に利用停止になってしまうこともあるので、業者はリスク回避のために最初から受付しないという対応をすることもあります。

ただし、何らかの仕事をしている人ならほとんどの人が作れるクレジットカードなら、ほぼすべてのクレジットカード現金化業者で利用できると考えてよいでしょう。

持つ人が限られるような珍しいブランドのクレジットカードを持っている人は利用に注意が必要だということです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。