1. ホーム
  2. 買取
  3. ≫店舗型の金券ショップでのamazonギフト券買取のメリットとデメリット

店舗型の金券ショップでのamazonギフト券買取のメリットとデメリット

買取メリット
未使用品かどうかの判別が難しいことから、店舗型の金券ショップではamazonギフト券買取がしにくいわけですが、全国を探せばいくつかの店舗でamazonギフト券買取を行っています。

全都道府県で十数店舗しかないので利用できる人は限られますが、店舗での買取にはamazonギフト券買取サイトにないメリットもあるので、可能な方は検討してみてください。

店舗で買取してもらう最大のメリットは安心感があることです。

買取サイトだと、ネット上のやり取りだけで業者との対面なしに手続きをしなければなりません。

手軽という点ではメリットですが、それに付け込んで詐欺を働く買取サイトも存在します。

それがamazonギフト券買取サイトを利用する最大のデメリットなのですが、店舗での買取なら当然ながら店員と対面でやり取りするため、こうしたリスクはありません。

また、店舗なら買取金額を手渡しで受け取れるため、サイトでの買取のように振込手数料等が発生しないというメリットもあります。

ただし、店舗型の金券ショップにもデメリットがあります。

店舗数の少なさもそうですが、換金率が買取サイトより総じて低いことも大きいです。

買取サイトならキャンペーン等で90%以上での買取も可能ですが、店舗では80%程度が平均です。

これを考えると、遠出してまで店舗で買取してもらうメリットは少ないと言えるでしょう。

ギフト券の買取を申込んだ人に聞いた!ナゼこの方法を選んだのか

この方法を選ぶ
amazonギフト券の買取を申込み人は年々増加傾向にあるといわれています。

年齢制限も難しい手続きも必要ないから学生だって簡単に現金化することができてしまうのがこの換金方法といえます。

ではなぜたくさんの人がamazonギフト券買取を選ぶのでしょうか。

実際前述でも述べたように詐欺を働くような業者がいたり、顔が見えない事をいいことに騙してやろうという業者がいたりとリスクもゼロではありません。

消費者金融やキャッシングだったり、ましてやクレジットカード現金化と比べてみると特段被害が多いわけでも少ないわけでもありません。

つまり、どの金策法を選択したとしてもリスクは少なくも多くもないという事です。

となると買取率となりますが、クレジットカード現金化と比べると近年換金率が右肩上がりで上昇しているのがamazonギフト券買取なんです。

需要が増えることに伴って店舗間の競争も激しくなってきた状況もあり、90%近い買取率で取引されている事も実際にあります。

クレジットカード現金化では90%での換金はまず無理です。

ですからamazonギフト券の買取は人気があって、同じ危険度なら絶対に金額が多い方がいいので選ばれるというわけです。

とくにamazonギフト券の買取を利用するユーザーの6割は金策が目的といわれていますからなおさら切実な判断といえるでしょう。

クレジットカード現金化とカードローン、キャッシングの比較

クレジットカード現金化やカードローン、キャッシングとお金を借りる、一時的に得る方法はいくつかあります。

どの方法が最も自分に合っているかを検討するために、金利や手軽さを比較を考えてみましょう。

まずは金利です。

大手の銀行カードローンが年利13.6%から14%です。

消費者金融カードローンが年利15%です。

クレジットカードキャッシングが18%です。

消費者金融キャッシングが18%です。

貸金業では総量規制があり、年利を18%以上にすることができません。

クレジットカード現金化の場合は年利という計算が難しいのですが、2か月後に請求が来る場合を想定します。

新幹線回数等の換金率が高い物、例えば97%で計算すると年利で18%になります。

しかし換金率が低い物になると利率が激増します。

95%で計算した場合30%に、90%で計算すると60%です。

1か月後に請求が来る場合はさらに高い利率になります。

次に手軽さです。

自分で行う場合は購入から販売、発送と手間がかかりますが、業者を使う場合は手続きが少ない分、クレジットカード現金化が一番手軽と考えられるでしょう。

カードローンやキャッシングは初回登録時に手間がかかりますが、2度目以降はそれほど手間がかかりません。

入金されるまでの時間は、クレジットカード現金化業者と消費者金融の即日融資が早く済みます。

ただし、カードローンのカードをすでに所持している場合は、どの金融機関でも限度額以内でしたら、即借りることが可能です。

amazonギフト券買取で5万円が必要な時に注意すべきこと

amazonギフト券買取業者のホームページを見ると、換金率が掲載されています。

では、たとえば85%の換金率の業者だとすると、amazonギフト券買取で5万円が必要な場合、いくら申し込めばよいのでしょうか。

換金率85%ならば、単純に50000÷0.85=58823.5294…円分申し込めばよいと思いがちですが、その通りになることはあまりないので注意してください。

なぜなら、消費税、決済手数料、振込手数料、事務手数料などと業者によってはさまざまな手数料がかかるからです。

良心的なamazonギフト券買取業者なら実際に振り込んでくれる金額になるように換金率を表示していますが、多くの業者はこうした手数料のことは別記して、パッと見には高い換金率であるかのように見せています。

そのため、5万円を振り込んでもらう必要があるならば、申し込みの前に業者に問い合わせて確認することが大切です。

電話して「換金率85%とありますが、カード利用額の85%が振り込まれるということですか?」や「実際に振込みされる金額はいくらですか?」と聞いてください。

この時、消費税や手数料などがかかることを説明してくれるのならばまだ良心的ですが、「こちらで審査してみないとわかりません」という業者だと、相当額を手数料として差し引かれる可能性が高いので利用を避けた方が賢明でしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。