1. ホーム
  2. 裏ワザ
  3. ≫amazonギフト券買取を行う店舗型の金券ショップが少ない理由

amazonギフト券買取を行う店舗型の金券ショップが少ない理由

金券ショップ
amazonギフト券買取を考える人のなかには、店舗型の金券ショップでの買取を検討される場合もあるでしょう。

しかし、ほとんどの金券ショップでamazonギフト券買取はできません。

店舗で買取ができない理由はいくつかありますが、なかでも大きいのは、amazonギフト券は未使用品か使用済みかどうかの区別が付きにくいことです。

amazonギフト券にはいくつか種類がありますが、Eメールタイプというメールで番号が送られてくるタイプが簡単に購入できるということで多く普及しています。

ところが、このEメールタイプは番号だけの存在なので、それが未使用かどうかはアカウントに番号を登録してみなければわかりません。

しかし、アカウントに登録した途端にその番号は使用済みになってしまうため、店舗型の金券ショップでは扱えないのです。

一般的な金券と同じようなカードタイプのamazonギフト券なら、買取を行う店舗もわずかながら存在します。

とはいえ、カードタイプもギフト券番号が印刷されているのみで、amazonのアカウントへその番号を登録して使用する点ではEメールタイプと変わりません。

カードタイプであっても、その番号が未使用かどうかを調べるにはアカウントに登録しなければならないのです。

以上のような理由により、店舗型の金券ショップではamazonギフト券買取はあまり行われないのです。

発覚した場合の罰則と発覚する理由

amazonギフト券買取はクレジットカード会社の規定で禁止されていることがほとんどです。

amazonギフト券買取が発覚した場合は、罰則としてクレジットカードの停止、解約が行われます。

カードが停止、解約された場合は利用料金の一括返済を求められます。

それではどうして発覚するのかというと、amazonギフト券買取の際に購入される商品はある程度決まっているからです。

その商品を購入した場合、クレジットカード会社からマークされます。

具体的には、新幹線回数券、商品券や各種金券、ブランド品バッグ、ブランド品腕時計、ゲームハード等の換金性の高い商品です。

これらの商品はクレジットカード会社でリスト化されています。

自分で利用するための購入なのか、現金化目的の購入なのかはすぐにはわかりませんので、こういった商品の購入が多い人はまずマークされます。

マークされると常に利用状況を監視されるようになります。

不正使用に関して、電話で問い合わせが来る場合もあります。

問い合わせ電話が来ても換金性の高い商品の購入が続いた場合にはカードの停止、解約が行われます。

ただしクレジットカードのキャッシングを使用していない場合や、支払の遅延が無い場合などはマークされにくくなっているようです。

amazonギフト券買取でなるべくお得になる購入先とクレジットカード選び

クレジットカード選び
amazonギフト券買取の際に使用するお店とクレジットカード選びについてです。

amazonギフト券買取サイトを使用する際は、そのサイトにある商品を購入すれば良いでしょう。

店舗や商品の指定があった場合は、それを購入してください。

しかし購入商品の指示が無い場合や、個人でのクレジットカード現金化の場合は、購入先やクレジットカードを選ぶことで多少お得に現金化することが可能になります。

たとえばゲームハードを購入する場合、大手価格照会サイトを利用すると最安値がわかります。

しかし最安値価格を提示している店舗で購入しようとしても、在庫切れだったり、送料が多くかかり割高になることがあります。

そのようなサイトでは、平均価格を把握することのみに使用するのをおすすめします。

おおよその価格がわかったら実際に購入可能な所を探します。

大手通販サイトが使いやすく、安価で出ている可能性が高いです。

大手カメラ会社はポイント還元が目玉ですが、還元されるポイントを含めた価格を計算してください。

その上で安い方を購入すると良いでしょう。

使用するクレジットカードをポイント還元率が高い物にするとお得に感じるかもしれませんが、amazonギフト券買取はクレジットカード停止の危険と隣り合わせです。

15万円までは使用金額から1%引いてくれるクレジットカードがありますので、そちらを使った方が安全でしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。