1. ホーム
  2. amazonギフト券
  3. ≫amazonギフト券買取がサイトで行われる理由とは?インターネットが便利

amazonギフト券買取がサイトで行われる理由とは?インターネットが便利

ネットが便利
amazonギフト券買取は店舗の金券ショップでは殆ど行われていません。

実は9割以上がネットの買取サイトで行われているのです。

その理由はamazonギフト券買取では使用済みかどうかのチェックが必要で、一般の店舗ではその確認が難しいからです。

例えば、ギフトでよく利用されているEメールタイプは、メールでギフト券のシリアル番号が送られてくるだけで、それを受け取り側が何気なくアカウント登録をしてしまうと使用済み扱いになります。

ですがamazonギフト券は一度しかアカウント登録ができません。

そこで登録済みのギフト券は買取拒否されてしまうのです。

また使用済みかどうかのチェックをするには、その場でアカウント登録しなければならないというシステムになっていて、この点で店舗の金券ショップなどでは扱いを躊躇するのです。

また仮想的な電子マネーに属するamazonギフト券は、実体のない信号をスマホなどでやり取りするシステムですから、わざわざ店舗で買取を行うメリットがありません。

そこでamazonギフト券買取では、絶対的にネット上の買取サイトが有利になるのです。

換金率も90%を越えますので、利用者としても大きなメリットになります。

法律的にはどうなのか

クレジットカードを使ったamazonギフト券の現金化は、法律的には違法ではありません。

こうした業者を利用したとしても逮捕とはなりませんので、その点は安心して利用していただきたいのですが、ほとんど全てのクレジットカード会社の規定では禁止されています。

なぜamazonギフト券買取がカード会社で禁止されているのかというと、以下のような理由があります。

まず、犯罪に巻き込まれるという危険です。

クレジットカードの番号や個人情報がクレジットカード現金化業者に渡ってしまうため、カードの不正使用につながる危険があります。

クレジットカード現金化業者を利用した後で、購入した覚えのないお店からの請求や、使用した覚えのないサービスの請求が来た、という報告がなされています。

また、事前の説明より少ない額しか振り込まれないこともあるようです。

換金業者の事前の説明では90%の換金ということだったにもかかわらず、実際はそれ以下しか振り込まれない、悪質な場合は一切振り込まれないといったことも、口コミサイトでは報告されています。

なお、クレジットカード現金化がクレジットカード会社に発覚した場合、法的措置はありませんが、カードの利用停止、解約と言った罰則が与えられます。

ですが、実際は本当に必要でamazonギフト券を購入した人と、現金化を目的としてamazonギフト券を購入したかなんて本人以外はけっしてわかりません。

ましてや現金化目的だったとしても、そうでないと否定すれば当人の気持ちの問題なので証明することは不可能です。

だから利用規約違反となることは非常に稀な対応です。

本人以外の名義のクレジットカードでギフト券の現金化は可能なのか

本人名義以外
クレジットカード現金化業者を利用できる人は、本人名義のクレジットカードを所有し、そのカードのショッピング枠に余裕がある人です。

では、本人の名義でないクレジットカードでは絶対に現金化できないのかを調べてみました。

必ずしも本人名義のクレジットカードでなければ現金化できないということはないようです。

業者によって判断は異なりますが、たとえば奥さんがご主人のクレジットカードで現金化できる場合はあります。

また、たとえばご主人が主契約者なら、奥さんがその家族カードで現金化できる業者もあるようです。

この場合、もちろんご主人の同意が必要ですが、利用可能なクレジットカード現金化業者は存在します。

しかし、赤の他人のカードを使ってクレジットカード現金化を利用することはできません。

上の例では他人名義といっても家族ですが、血のつながりのない赤の他人であれば、たとえ友人が使っていいと渡してくれたクレジットカードでも利用できる業者はないでしょう。

なぜなら盗難や偽造が疑われるからです。

家族名義なら身分証明書で確認は可能ですが、赤の他人の名義のカードを認めてしまっては、業者としてもカードの不正利用に加担することになりかねないため許可していないのです。

もっとも家族カードであっても勝手に現金化に利用したらトラブルのもとですから、クレジットカード現金化は本人名義のカードに限るべきでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。