1. ホーム
  2. ≫現金化の方法は?誰でもできる換金手段はギフト券の買取?

現金化の方法は?誰でもできる換金手段はギフト券の買取?

現金化の方法とは
クレジットカードの現金化といっても、いろいろな現金化業者がいることをご存知でしょうか。

クレジットカードの現金化を利用する人にもいろいろな特徴があるのと同じように、現金化業者にもいろいろな特徴があるのです。

ではどんな現金化業者がいるのか見ていきましょう。

キャッシュバック方式について

まずもっとも一般的な現金化業者の特徴が「キャッシュバック方式」です。

キャッシュバック方式とは、ある商品を購入することで現金が振り込まれるというものです。

簡単に言えば、商品のおまけとして現金がついているという状態です。

手続き方法は非常に簡単で、現金化業者に現金化を申し込み、クレジットカード決済をするだけで現金が振り込まれます。

キャッシュバック方式は決済後すぐに現金が振り込まれるというメリットがあります。

加えて商品を購入するだけなので現金化を利用していることがカード会社にばれにくいという特徴もあります。

一方でキャッシュバック方式にはデメリットもあります。

クレジットカードの決済手数料は利用者が負担するため、換金率が低くなってしまうのです。

買取方式について

続いて別の現金化業者の種類が 「商品買い取り方式」です。

簡単に言えばショッピング枠で購入した商品を転売することで現金を手に入れる方法です。

クレジットカードで商品を購入し、現金化業者に売れば簡単に現金を得られます。

商品買い取り方式のもっとも大きなメリットはその換金率です。

商品買い取り方式の場合、換金性の高い商品を購入すれば換金率90%も夢ではありません。

ただし換金性の高い商品を購入するとカード会社からクレジットカードが停止になる恐れがあります。

さらに換金するのに時間がかかるため、キャッシュバック方式のように即日現金が手に入るということもありません。

この二つの現金化業者が一般的ですが、その他にもいくつかの特徴があります。

例えばインターネット上で買うことができるAmazonギフト券を高い換金率で換金してくれる業者がいます。

amazonギフト券買取などで検索すると多くの専門業者が出てきますので比較サイトや口コミさいとなどを参考にして調べてみるとクレジットカードの現金化よりも高い換金率で現金化できる可能性もあります。

さらにポイント還元方式というものもあります。

これはポイントが貯まっている時にそのポイントで商品を購入して業者に買い取ってもらうというものです。

ポイントをためてもあまり使わないという方、ポイントが貯まっているのを忘れてしまうという方は、一度試してみると良いでしょう。

こうしたいろいろな現金化業者がいますから、自分にどれがあっているのかをよく考慮したうえで現金化を試してみるようにしましょう。

クレジットカード現金化のメリットとデメリット

デメリットとメリット
「どのローンも審査に落ちてしまった」という方でも利用できるのが、クレジットカードの現金化です。

場合によっては即日中に現金を手にすることもできる便利な方法ですが、メリットもあればデメリットもあることに注意しておきましょう。

メリットを具体的に紹介

現金化のメリットとして真っ先に挙げられるのが、銀行や消費者金融のカードローンのような審査なしに利用できることでしょう。

銀行や消費者金融で審査があるのは、申込者の返済能力や社会的信用をチェックするためです。

業者は貸付を行って、その利息分によって利益を上げるわけですから、返済できる能力が疑われる人には最初から貸付を行いません。

これは銀行でも消費者金融でも例外はなく、審査なしで借金できるところはないと断言してよいでしょう。

ところが、クレジットカードの現金化では審査がなく、自分名義のカードがある人ならば誰でも利用できます。

それは、カードのショッピング枠を現金化業者に買取してもらい、マージンを支払った残りの分を振り込んでもらう方法だからです。

クレジットカード的に言うとあくまでショッピングであり、キャッシングではないため、借金の記録も残りません。

また、多くの現金化業者はネットでの運営ですから、手続きのスピードがとても早いです。

条件さえ整えば、申し込んだ数十分後に現金を振り込んでもらうこともできるでしょう。

それに、ネットにつながる環境にさえあれば、いつでもどこでも申し込めるというメリットもあります。

デメリットもしっかりと知っておくこと

そんなメリットのあるクレジットカード現金化ですが、メリットを上回るほどのデメリットもあることに注意しましょう。

まず、どこのクレジットカード会社でも、現金化は利用規約で禁止しています。

利用規約で定めた禁止行為をしていることが発覚したら、カードの利用停止や強制解約といった厳しい措置が取られます。

それだけでなく、分割払い中の残高が残っている場合は、それらすべて即刻一括返済を求められるのです。

また、記録上は借金にならなくても、クレジットカードの利用分は翌月に返済する決まりですから、実際に生活が楽になるわけではなく、借金するのと特に変わりはありません。

そのため、何度も利用するうちに多重債務に陥る人もいます。

加えて、悪徳業者の多い業界ですから、カード会社にバレなくても金銭的な被害を被るリスクもあるのです。

現金化を利用する時は、これらのデメリットをしっかり理解したうえで利用してください。