1. ホーム
  2. 買取
  3. ≫クレジットカード現金化での決済の仕組み

クレジットカード現金化での決済の仕組み

クレジットカード現金化を利用したいのであれば、どのようにクレジットカードの決済が行われるのか、その仕組みについても知っておく必要があります。

クレジットカードのショッピング枠をどのように現金化することができるのでしょうか。

ショッピング枠を現金にするって何?

現金化仕組み
もっともわかりやすいのは商品買い取り方式と呼ばれる現金化の方法でしょう。

クレジットカード決済で購入した商品を現金が業者が買い取ってくれるというものです。

感覚としては購入したものの使わないバッグなどをリサイクルショップに売るのと似ていています。

商品買い取り方式ではあらかじめ換金性の高い商品をクレジットカード決済で購入します。

それを現金化業者に送付するか持ちこむかすると買い取ってもらえ、現金が手に入るのです。

わかりやすい仕組みとなっていますが、商品買い取り方式には注意すべき点がいくつかあります。

一つはすぐに現金が手に入らないかもしれないということです。

商品買い取り方式は商品を送付するという仕組みである場合が多いので、買取までに時間がかかり後日銀行振り込みなどで現金が入金されます。

そのため今すぐにお金が欲しいという方には向いていないのです。

さらに買取価格が商品代金の8割程度にまで下がってしまうことも覚えておきましょう。

キャッシングなどと比較してもかなり金利が高くなっています。

キャッシュバックの仕組み

一方でキャッシュバック方式の仕組みは、即日現金を手にしたい人にとって魅力的なものです。

キャッシュバック方式はクレジットカード決済によって商品を購入すると、それに付帯している景品として現金がすぐに振り込まれるという仕組みになっています。

景品表示法によって景品などの価格は本体の商品の5分の1までと決められていますが、もれなくプレゼントされるものであればこの限りではありません。

この時に購入する商品は主たる目的ではありませんが、必ず商品は受け取られなければなりません。

さらにもしほとんど価値のない物を商品として購入させようとする現金化業者がいた場合、悪徳業者である可能性が極めて高くなります。

違法行為にかかわってしまうかもしれないので注意が必要です。

こうした現金化の仕組みを知っておくと、換金率が高い一方でクレジットカード会社にばれやすい商品買い取り方式と、換金率が低くてばれにくいキャッシュバック方式との違いもよくわかることでしょう。

自分にはどちらが向いているのかをよく調査したうえで現金化を利用するようになさってください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。